検索


6月13日、日曜日、恵比寿にあるギャラリーHALOさんで、Osami Bear の川ちゃんとお部屋をシェアして、 小規模お迎え会を開催いたします。 コロナ禍での開催となりますので、参加者の皆様には、色々お願いしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 詳細は、Oboページを御覧ください。 自分たちが飾って、撮って、楽しみたいという、それが一番動機なのですが・・・・ もし、会ってお迎えしてみたいな、って方いらしたら、是非。



25年もずっと一緒にいるこのカミンスキーの帽子。(この頃はオースラリアで作られていた) ちょっとお休みした時期など存在せず、毎年毎年かなりな頻度でお付き合いいただいている。

ベランダで洗濯物を干す時にもかぶるくらいの日常使いの帽子だ。 この子の丈夫さには全く驚嘆。 買った当初は太めの黒のグランリボンがついていたのだけれど、乙女チックなファッションが恥ずかしくなって来た40代前半に外してしまった。

だけど今日の朝、黒いリボンを復活。自転車のときも飛ばないように首で結べる感じで長いリボンにしてみた。 飽きたらまたすぐに外せるし。 昨年からヘアカラーをやめて、ナチュラルにグレーヘアにしているけれど、グレーヘアにしてからの方が躊躇なく好きなファッションができるようになった。 髪が正直に年相応なので(笑)「若造りしちゃって」という感じにはあまりならないような? 不思議な人には見えるかもしれないけれど・・・・(笑) 以前よりおしゃれが楽しい。(^-^)




50年以上生きていると、大抵の言葉はもう聞いた事がある、と思える物ばかりです。 だけど、聞いた事があっても心から同意する、理解するというような事は、そう滅多にもないのです。


上手くツボに当たるというか、荒れきった心にいい具合に沁みていく瞬間というか。

Piet Hein Eek Netherlands

「その作品が良いかどうかは歴史のみが知っていることであり、このことにエネルギーをつぎ込む事は、ほとんど無意味だと思います。自分のベストを尽くす努力をすることの方がずっと論理的だと思います。もし可能なことをやりつくし、それでもまだ改善の余地があっても少なくともベストは尽くしたのです(笑)

最も良い事は物作りに注力することであり、さらにもっと美しいものを生み出すことです。私は常に何かを作る事に集中する努力をしています。世界が私をどのように思っているかは考えないようにしています。毎日それができているのであればそれ以上良い事はありません。私は今やっていることをやらせてもらえているだけでとても幸せなのです。私は幸運だと思っています」 https://www.cibone.com/news_exhibition/catalog_pietheineek ネット時代は便利で楽しい事も多いけど、あまりに多くの情報が入り、 気持ちが弱っていると、自分と他者をネガティブに比べて、落ち込んだり、不安になったり、

無駄なエネルギーを使ってしまう事も。


私がこういう話を親友にすると、「え?ここちゃんが?」って驚かれる事がほとんどなのですが、 おそらく普通はだれでも大なり小なり、情報に心が掻き乱される事があるんじゃないでしょうか? さてと!!! さらなる可愛い!さらなる美しいに注力しよう!